豊川市観光協会HOMEへ
寺寶館


豊川稲荷関連ページ
豊川稲荷豊川稲荷と妙厳寺豊川閣「寺寶館」豊川稲荷参拝巡路略縁起ボランティアガイド

 寺寶館は現在、休館中です。(2015/02)


平成5年5月参籠堂趾に建設された「寺寶館」は、床面積1700平方メートルあり、建物内には国指定重要文化財の「地蔵菩薩像」や「大岡越前守」愛用の双六盤など興味あふれる収蔵品の宝物の数々が展示されています。

豊川稲荷の収蔵品

国指定重要文化財/鎌倉時代の作/作者不詳

左側の一体は寄木造立像。玉眼で像高は77cm。左手に宝珠を持ち、右手は開いたまま下げ、掌を外向きにする与願印を結んでいる。右足を僅かに浮かせ、左足に重心を掛けながら均衡を美しく保っています。
右の一体も寄木造立像。玉眼で像高は77cm。左手に宝珠、右手に錫杖を持っている。衣のひだが左上から右下に美しく流れています。


各奉行として庶民に親しまれ、「大岡政談」等で語り継がれてきた越前守忠相[延宝5年〜宝暦元年]の郷里は三河。国元の豊川稲荷を篤く信仰していたが、8代将軍徳川吉宗に信頼されて、旗本時代の書院番から次々に、江戸町奉行。寺社奉行、奏者番、三河国西大平藩主へと異例の栄進を遂げました。
写真の双六は、盤上に白黒各15の駒を置き、筒から振り出した2個の采の目の数によって駒を進め、早く相手の陣に入った方を勝ちとしました。
(上)銘:濃州表佐住松井次一良永貞 安政三年青陽吉日

御勝山永貞が精魂こめて鍛え上げ、豊川稲荷に奉献した名刀。
(下)銘:伯耆守藤原信高 時代:延宝年間

尾張の刀工伯耆守は初代から4代まで続く。本刀は三代信高のもの。長大な刀であり、生在銘が貴重。
近藤悠三(1902〜1985)作

染付は呉須を用いて生地に藍色の絵模様を描き、その上に釉をかけて焼いたもの。悠三は人間国宝に指定された。

寺寶館案内

【営業時間】
AM9:00〜PM4:00

【休館日】
年中無休

【入場料】
一般
400円(団体1割引20名様より)
大学/高校生
300円
中学/小学生
100円

豊川稲荷関連ページ
豊川稲荷豊川稲荷と妙厳寺豊川閣「寺寶館」豊川稲荷参拝巡路略縁起ボランティアガイド


豊川市観光協会ホームページへ豊川稲荷(妙厳寺)公式ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる豊川稲荷寺寶館トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.