豊川市観光協会HOMEへ
略縁起


豊川稲荷関連ページ
豊川稲荷豊川稲荷と妙厳寺豊川閣「寺寶館」豊川稲荷参拝巡路略縁起ボランティアガイド



本殿
豊川稲荷で世上に知られる当山は、「豊川閣妙厳寺」と称し、曹洞宗の名刹といわれ、嘉吉元年(1441年)
11月22日、東海義易禅師の御開創で、御本尊に法祖寒厳義尹禅師(曹洞宗開祖、永平寺御開山道元禅師の高弟。第八十四代順徳天皇の第三皇子にして、「時世を救う」の大願心を発せられ、入宋求法、深義を究められる。東海義易禅師は、法祖六代目の法孫)伝来の千手観音菩薩を安置し、又境内に鎮守として、法祖が御感見自作の善神、豊川枳尼真天を祀る。広く「豊川稲荷」と呼ばれるのは此の善神なり。

 法祖寒厳禅師の豊川枳尼真天御感見は、凡そ七百余年昔の文永元年、禅師が入宋求法、同四年帰朝御乗船の際、海上に妙相端麗、稲穂を荷い、手に宝珠を捧げ、白狐に跨る御姿の霊神現じて御神示あり。此の中に真言ありて「尸羅婆陀尼黎吽娑婆訶」と申さる。

豊川稲荷フォト之を解釈すれば「この神咒を唱える時は、わが信心はどこまでも通じて、正しき戒力により、悪事災難を除き、福徳知恵を得、苦を抜いて楽となし、悲しみを転じて喜びとなすことが成就する」の意である。禅師は、深く感動され、帰朝後、示現の御姿を手ずから刻み守護神として祀らる。これより代々相伝せられ、妙厳寺開創と共に鎮守としてして祀られる。爾来幾多の霊験を現じ、福徳の 神、抜苦与楽の神として広く崇仰され今日に至る。

 中にも当山中興の開基今川義元公をはじめ、織田信長、豊臣秀吉、九鬼嘉隆、徳川家康、大岡忠相、渡辺崋山、有栖川宮熾仁親王等諸公も深く信仰され、殊に有栖川宮は「豊川閣」の扁額を寄進せらる。又当山直轄の東京赤坂「豊川稲荷別院」は、江戸の名奉行と称された大岡越前守忠相公が生涯守護神とされる尊像を祀る。

有栖川宮親王 御直筆の扁額 山境内地は、三万四千五百余坪有り、中に総門、山門、法堂、豊川稲荷御本殿、奥ノ院、宝雲殿、景雲門、弘法堂、大黒天堂、鐘楼、万堂、豊楽殿、書院、庫裡等の堂塔伽蓋百余棟が並び建ち、全国幾百万の御信者崇仰の霊地となっている。又東京のほか大阪、横須賀、札幌、福岡、千頭に、夫々別院がおかれ、分霊は全国到るところに祀られている。


豊川稲荷関連ページ
豊川稲荷豊川稲荷と妙厳寺豊川閣「寺寶館」豊川稲荷参拝巡路略縁起ボランティアガイド


豊川市観光協会ホームページへ豊川稲荷(妙厳寺)公式ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる豊川稲荷略縁起トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.