豊川市観光協会HOMEへ
三明寺


本殿
三明寺は、文武天皇の詔を受けて建立されたと伝えられてる寺で、弁財天が本堂内の宮殿にまつられています。
この寺の三重の塔は、第一層と第二層が和様、第三層が禅宗様(唐様)になっており、全国的にも珍しく、明治40年に国の重要文化財の指定を受けました。

三重の塔

三重の塔三明寺は大宝年間(694〜703年)の創立と伝えられますが、12世紀後半に、一度戦火にあい、焼失しました。
その後、南北朝時代に後醍醐天皇の子の無文元還が、遠州方広寺に行く途中ここに立ち寄り、その荒廃を嘆いて再興されたと伝えられています。
諸堂中最も古いこの三重塔は、享禄4年(1531年)の建造で、総高14.5mの?葺の小塔です。
一層、二層を和様に、三層を禅宗様にしたものが全国的にも珍しく、三層の軒の反りが大きく、扇垂木であること、鎬のある尾垂木などに禅宗様の意匠が認められます。

豊川辨才天略縁起

三明寺フォト1 辨才天を御本尊とする龍運山三明寺は、曹洞宗に属し、平安朝の頃、三河の国司大江定基が愛人力寿姫の死を悲しみ、面影を永久に残そうと辨才天の御像を刻み納めました。
この像は十二単重の御衣装を召され、干支の巳年にあたる年の正月16日に御衣装替えを執行し、開帳する慣しになっています。
現在では、三河七福神の霊場の一つとして紹介され、安産・芸道・福徳・海運の守護神となっています。
三重の塔は明治40年に、辨才天宮殿は昭和28年に国指定の重要文化財になりました。

動画

三明寺案内

■住所
豊川市豊川町波通37
■交通
・JR飯田線「豊川駅」、名鉄豊川線「豊川稲荷駅」下車徒歩約5分
■問い合わせ
三明寺
TEL:0533-86-9661
周辺のお店を探す
三明寺フォト2

より大きな地図で 豊川市観光マップ を表示


写真スポット
三重の塔が印象的です。
普段でもそうですが桜の咲く春に行くとさらに魅力的な写真スポットになります。
かっちゃん 2016/09/08 16:43
厳かです
春は桜がとてもきれいです。
スケッチをしている方もみられます。
お花見大好き 2010/09/29 13:07
豊川稲荷の後はココ
3重の塔なのでそれほど大きくはありませんが、下から見上げると細かいところまで造りこまれており、お見事です。
春に行くと桜も咲いていますので絵になります。
ちぇりー 2010/07/01 14:30

口コミ投稿 

口コミ記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

こちらは口コミ情報になります。
要望、ホームページ不備などの口コミ情報以外は削除させて頂きますのでご了承ください。
また、口コミ情報以外は直接観光協会にお問い合わせください。
■豊川市観光協会問合わせ先:(0533)89-2206

豊川市観光協会ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる三明寺トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.