豊川市観光協会HOMEへ
平井稲荷山貝塚・平井遺跡


平井稲荷山
明治33年に、この貝塚の発見・発掘者である平井の大林意備(もとよし)翁により学会に発表された縄文時代晩期の貝塚です。
大正11年には京都帝国大学の清野謙次博士の調査により、人骨が50体以上発見され、全国でも屈指の縄文人骨出土遺跡として知られるようになりました。
その後も明治大学や町教育委員会などにより発掘・調査が行われ、現在までに約90体もの人骨が確認されています。ここから出土する土器のほとんどは、縄文時代晩期の指標となっており、「稲荷山式」と命名されている粗製土器です。


平井稲荷山貝塚・平井遺跡案内

■住所
豊川市平井町
■交通
・JR東海道本線「西小坂井駅」下車 徒歩約15分
・東名高速「豊川IC」より車で約25分
■問い合わせ
豊川市観光協会
TEL:0533-89-2206 FAX:0533-89-2276
場所を調べる周辺のお店を探す
平井稲荷山貝塚・平井遺跡フォト

より大きな地図で 豊川市観光マップ を表示



口コミ投稿 

口コミ記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

こちらは口コミ情報になります。
要望、ホームページ不備などの口コミ情報以外は削除させて頂きますのでご了承ください。
また、口コミ情報以外は直接観光協会にお問い合わせください。
■豊川市観光協会問合わせ先:(0533)89-2206

豊川市観光協会ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる平井稲荷山貝塚・平井遺跡トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.