豊川市観光協会HOMEへ
豊川市民まつり「豊川手筒まつり」


手筒煙火
昭和63年、市制45周年を記念して始まった市民の祭典です。
豊川運動公園をメイン会場に、市民総おどりなどが繰り広げられます。
クライマックスは、豊川をはじめ東三河地方に古くから伝わる手筒煙火の競演で、大小合わせて数百本の手筒煙火が3時間にわたって披露されます。

手筒花火とは

手筒煙火とは、火薬を筒に詰め、これを噴出させると言う単純なもので、いわば花火の原点であり、現在でも神社へ奉納するため自らを浄化し全身全霊を打ち込み放揚します。このため手筒は放揚する人自身の手によって造られる特異な煙火でもあります。
手筒づくりは、太い孟宗の竹取りから始まります。約1ケ月程の時間を掛け、竹の「節抜き」「油抜き」「筒巻き」更に火薬の「仕込み」「詰込み」など、いくつかの行程を経て丹念に作りあげられます。
手筒煙火は、火薬を詰めた筒を脇に抱えて放揚するもので、一つ間違えが命すら落としかねません。従ってひとつひとつの作業には、全神経を集中し、まさに命を掛けての仕事です。手筒煙火 そして、わずか数十秒間に全身全霊を打ち込み放揚します。
素朴であるが故の美しさと危険性が男のロマンを沸き立たせ、観る者にその緊張感、男度胸が伝わってきます。最後にド−ンという腹の底に響く豪音、これらはまさに光と音の浮世絵を演出します。
このように危険と、美しさと、豪快さが同居している手筒煙火を、多くの先人たちは何等の科学的知識のなかった苦難の時代を、鋭い感と冒険
的努力によって、独自性を導き現代に伝承してきました。

奉揚後の手筒

奉揚後の手筒は毎年新しい物に置き換えたり、数年飾っておく所もあります。多く見られるのは玄関先の軒下に飾ってあります。
手筒を奉納する勇気と度胸の持ち主は、魔物も近寄りがたいと言うことで「魔除けのお守り」として言い伝えられています。また縁起物としても重宝されています。

豊川手筒まつり 動画

 

 

 

豊川市民まつり「豊川手筒まつり」案内

■開催日
8月第4土曜日
■開催場所
豊川市野球場
■交通
名鉄豊川線「諏訪駅」下車 徒歩5分
豊川商工会議所HPへ 場所を調べる周辺のお店を調べる
豊川市民まつり「豊川手筒まつり」フォト

より大きな地図で 豊川市観光マップ を表示


心配だけど........。
市民おどりの途中電源?がおちました。金融関係、団体職員関係の人達から噂で聞いたのですがガラの悪いここ2〜3年の問題団体の前で止まりました。(緑の大きな壁の前)
今年は問題(タバコ、喧嘩)を起こして欲しくないと云いたくても云えませんが大丈夫だったのかな?
市民おどりの一人 2011/09/04 16:21
どうなんでしょ
午後8時58分頃の女性が出した
手筒花火の火の粉がお客さんにふりかっかたようですがその後どうなったんでしょうか?
5歳くらいの男の子が「あついよ」と言って泣いていましたが...
HOK48 2010/08/29 09:16

口コミ投稿 

口コミ記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

こちらは口コミ情報になります。
要望、ホームページ不備などの口コミ情報以外は削除させて頂きますのでご了承ください。
また、口コミ情報以外は直接観光協会にお問い合わせください。
■豊川市観光協会問合わせ先:(0533)89-2206

豊川市観光協会ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる豊川市民まつり「豊川手筒まつり」トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.